毎日のメニューを一工夫

ダイエットをしていく上で、緩やかにそして長期的にと考えている方もいらっしゃるでしょう。
そのように考える時、たいていは食事量を調整するという事が多いのではないでしょうか。
日々の献立というものがキーポイントになってくる長期的ダイエット。
特に肥満症から脱出したいという方はこのような方法が身体に負担もかからずに効果的にダイエットをしていただくことができるでしょう。
では、どのようなことを意識していけば良いのでしょうか。
先ずは「少し減らす」という事を意識すること。
特に炭水化物や脂質・糖質の量を考えて見ましょう。
総合的なカロリーは気にしていただいたに越した事はないのですが、長期的な減量となると糖質の量がかなり重要になってきますから意識してみてください。
白米をすこし減らす・肉類の脂をカットしたり種類を選ぶだけで1ヶ月でマイナス2キロなどという効果を得ることが出来るでしょう。
次に油の量です。
普段の食生活の中で意外に多いので油。
炒め物などをするときには必ずと言って良いほど使うかと思います。
これらをオリーブオイルに差し替えたりまた調理方法そのものを見直すというのも良い方法なのです。
蒸したり煮込んだり。更に焼くときにフライパンではなくホットプレートやトースターまたはオーブンを使用することで油を使わずに済むのです。
とはいえ、長期的となるとある程度の油も必要となりますから先のようなものを使うときに時々スプーン一杯程度のオリーブオイルを降り掛けると良いでしょう。
そして野菜量。
野菜を多く摂取していただくことで大幅なカロリーカットをしていただくことができます。
たとえばもやしなどはコストパフォーマンスもよく栄養価も高くカロリーも低い。
そう考えるとダイエットサプリも有能なサポーターとなってくれるのです。
肉の量を減らして野菜類を多く摂取すると良いでしょう。
1年などと言うスパンで12キロという減量が出来たという方も。
1ヶ月に1キロペースと考えると、リバウンドもきにくい数字ですし心身にストレスもかからないので良いペースとも言えるのです。
他には揚げ物をカットすること。
これだけでもカロリーはかなり変って来ます。
揚げ油ばかりではなく、パン粉といった粉もの・つなぎの卵を使わずに済みますのでカロリー的に大きく変わってくるのです。
揚げ物を1年摂取しないだけで大きな体重変化が見られるということもあるのです。
このように、毎日のメニューに一工夫するだけでも減量をすることは出来るのです。

更新情報

2016-11-02
毎日のメニューを一工夫の情報を更新しました。
2015-07-30
食べ順を変えてストレスフリーのマイナス3キロの情報を更新しました。
2015-07-30
炭水化物抜きダイエットの情報を更新しました。
2015-07-30
外食はどうする?の情報を更新しました。
2015-07-30
お肉を変えるだけでマイナス3キロの情報を更新しました。
ページ上に戻る